看護師 転職 オススメ

疲れてしまった看護師さんへ

 

私は東京で勤務しています。

 

看護師歴14年の37歳です。

 

 

『看護師を辞めたいな』とか

 

 

『転職したいな』

 

 

 

なんて考えてる看護師さんへ向けて

 

私の体験談が参考になればと思いました。

 

 

”伝えたいこと”があります。

 

 

 

といっても、

 

伝えたいのは”体験”よりも体験で得た”考え方”のほうが多いです。

 

最後の【まとめ】まで一気に飛びたい方は、

 

こちらをクリックしてください
  ↓↓
まとめまでジャンプ

 

 

※筆者が利用した経験のあるエージェントサイトのみ掲載

筆者が利用(体験)したことのあるエージェントサイト
ジョブデポ看護師の詳細

ナースエージェントの詳細

美容外科求人ガイドの詳細

ナースコンシェルジュの詳細

ナースJJの詳細

 

日本の看護師

 

看護師は業務独占な職業です。

 

需要は常にあります。

 

 

価値も高いです。

 

 

 

しかし、働いている側からすれば

 

そういったことを実感できる場面は少ないと思います。

 

 

独自のシステムに独自のしがらみ

 

私の経験から言うと

 

看護師って、環境によって別の職業じゃないかってくらい生活が激変します。

 

 

学生時代からの金銭的な拘束などで・・・

 

 

 

最初の場所で長く働いている方も多いと思います。

 

これだけ勤務地で激変する看護師なのに、

 

 

一つ二つの経験だけで

 

 

 

絶望やマンネリを抱え込んでいる人は意外に多いことを知りました。

 

 

看護師になるまで

 

考え方の視野を広げるためにも、

 

まず私の体験と、考え方の移り変わりをザックリと説明しますね。

 

 

学生時代はとある精神科に勤務しながら、資格をとりました。

 

 

 

当然っぽい空気で、

 

卒業後はそこで勤務する流れができていました笑

 

 

私の場合、

 

 

 

直接的な援助は受けていませんでしたが、

 

かなり優遇されていましたから、軽めの口約束?でした。

 

 

当時の私は、

 

 

 

志が高く最先端の現場を目指していたので

 

悩みましたが、

 

 

リスクをあるていど覚悟のうえ

 

 

 

学校卒業と同時に別の病院に移りました。

 

その時はお世話になっていた病院に

 

 

かなり文句(脅しのような)を言われました。

 

 

 

頭をさげてなんとか脱出できました。

 

そこで小さな勇気を持てなければ、

 

 

今の人生は大きく変わっていたと思います。
(正直、勤務地によって恋人ができる確率があまりにも違ったりしますw)

 

理想を追うって私生活を無くすことなの?

 

本格的に看護師として選んだ舞台は脳外。

 

結果的にICU担当となり、6年が一瞬でした。

 

 

時間がないので貯金だけは貯まりました笑

 

 

 

でもホントに疲れました。

 

ふと休日の日に

 

 

『私生活の犠牲ってそんなにカッコイイことかな』

 

 

 

なんて考える日もありました。

 

心とか体とか限界は人それぞれ

 

そこで、その当時の私は以下の2択を考えました。

 

 

理由は簡単です。

 

 

 

肉体的に限界が迫っていたからです。

  • 1 いったん辞めて、間をあけてまた別の最先端系へ
  • 2 もっと肉体的に楽な職場を探す

 

結論を出さぬまま退職・・

 

 

まったり旅行の日々の送りました笑

 

※この選択が大胆にできたのも、最初に学生時代終了時に戦った経験があったからだと思います

 

 

 

何が大切なのかをゆっくり考える時間があったおかげで

 

一つの考えが生まれました

 

 

私生活が一番大切だな、と。

 

 

 

つまり2を選びました。

 

看護師系の転職サイトに登録して探しました。

 

 

 

※筆者が利用した経験のあるエージェントサイトのみ掲載

筆者が利用(体験)したことのあるエージェントサイト
ジョブデポ看護師の詳細

ナースエージェントの詳細

美容外科求人ガイドの詳細

ナースコンシェルジュの詳細

ナースJJの詳細

 

無理をしないで視野を広げて考えた

 

一番最初の時はサイトも少なく、

 

自力で探して、かなり広範囲に声をかけました。

 

 

すると、次の2択が出てきました。

 

  • A ゆるい環境で夜勤バイトを入れてお金だけは稼ごう
  • B 介護的なところで人間関係も楽にしてお金はとりあえずイイ

 

当時はAを選択しました。

 

良い経験になりましたね。

 

 

Aの場合ゆるーい病院を探すのは意外と大変でした。

 

が、やる気のあるエージェントさんを見つけることができたので時間的にはそれほどかかりませんでしたが。

 

 

その3年後、Bを選択しました。

 

 

 

そんなに稼げないけど、

 

 

人間関係と肉体の両方に余裕ができました。

 

理由は、看護師は職場によって違う職業のような側面を持つと同時に・・・

 

同じ職場でも”人間関係が変化”したとたんに別の職場と化す場合もある!と感じたからです。

 

 

結果、AでもBでも、私は経験からどちらもアリだなと思いました。

 

 

 

それが今の段階での結論ですね。

 

 

やはり私生活の充実あっての仕事安定だな、と。

 

私生活を・・というか、私生活だけを中心に考えて動くようになると、

 

 

そもそも仕事上での”ガマンできる幅”が広がるんですよね笑

 

 

これがかなりデカイんですよ!

 

 

・・・今まで出会ってきた人の中には、

 

 

 

AにもBにもたどり着けずに苦しんでいたり、

 

 

マンネリで疲れている人ってけっこういるなと感じています。

 

 

 

だからといって、看護師にありがちな・・・

 

定期的な”旅行”なんかだけでストレスを解消していると・・・

 

 

せっかく給料が良い看護師なのに…

 

 

貯金が全然貯まりません

 

 

探せば必ず良い道がある

 

しがらみがあって

 

  • 退職が言い出せない
  • 学生時代にお世話になってるし…
  • 新しい土地に移るのがおっくう

 

いろいろあると思うんです。

 

でも、看護師経験が浅い人とか数少ない職場しか経験していない人にはぜひ伝えたいです。

 

 

情報があふれているこの時代に、

 

 

 

苦しみながら働きつづけるって、

 

失うものの方が大きいですよ。
(というか損してますよ)

 

 

一度良い転職を体験するとわかりますが、

 

退職するときに重要なのは、

 

 

【辞める理由があるかどうか】なんかじゃなくて

 

 

 

【続ける理由があるかどうか】なんですよ。確実に。

 

 

私生活を充実させた上でも、きっとあなたを必要としてくれる

 

【暖かい職場】はあります。

 

 

必ずと言ってよいほどあります。
(かなり強気ですが経験上ホントですw)

 

 

 

退職しない美学なんかより・・

 

看護師をきちんと幸せに続けられる美学・・

 

 

を選択するこをオススメしたいです。

 

 

 

因みに私も東京オリンピックまでには

 

 

 

また職場を変えようと考えています笑
(オリンピックをまったり観たいのでw)

 

 

【まとめ】体験から伝えたかったこと

 

1 看護師は職場によって”まるで別の職業”

 

2 しがらみが完全にない状況の方が少ない

 

3 辞める理由より、続ける理由がないから辞める

 

4 私生活を最優先すると、得られるものが非常に大きい!

 

 

特に4番の”私生活優先”については、経験を経て強く思う事があります。

 

どんなに志が高くても・・・私生活が充実していないと、やる気は時間をかけて減っていくんです。

 

 

やる気って、看護師の場合

 

 

 

患者や同僚に対する”愛情”でもありますよね。
(医者が含まれていないことは指摘していでねw)

 

愛情って、自分に余裕がないと減っていくんですよ。少しずつ・・

 

 

ひとりひとりの看護師が『私生活が大切だよね』って声をあげることによって、

 

 

 

結局は愛情が減りにくくなって・・みんなが幸せ・・・といったら大げさですが、楽になると思います。

 

今はそれを強く感じています。

 

 

※筆者が利用した経験のあるエージェントサイトのみ掲載

筆者が利用(体験)したことのあるエージェントサイト
ジョブデポ看護師の詳細

ナースエージェントの詳細

美容外科求人ガイドの詳細

ナースコンシェルジュの詳細

ナースJJの詳細

 

 

↑最初に戻る↑

 

 

更新履歴